高校留学で滞在先の異国の風習や伝統的な文化を直接体験しよう!

SITEMAP

High school study abroad

高校留学を無事に成功させる為には?

最近では一昔前と比べて、高校留学へと積極的にチャレンジする人が、とても多い傾向へとあります。高校留学を行う事で、語学を代表として、滞在先の国の文化や生活スタイルを、しっかりと学ぶ事が可能です。
その為普通の方だとまず得られない、将来の自分にとって、必ずプラスとなる貴重な経験を、確実に体感する事が出来ます。自らが関心を抱いているジャンルに対して、最適であったり、若しくは真剣に取り組んである国が存在すれば、高校留学へと挑戦するのに、まさしく相応しいのだと言えます。高校留学を実施するにあたって、最も気を付けたいのがビザであります。
ビザとは各国々により、一切違っている為、事前にチェックしておく事が重要です。アメリカですと、1週間に18時間を超える授業を例では、幾ら短期間であっても、ビザが絶対に必要となります。逆にオーストラリアやニュージランドの場合だと、90日以上になる留学の際だけ、ビザが必要不可欠となります。
ビザの日数が短いほど、思わぬ手間暇が、どうしても掛かってしまう為、煩わしく思ってしまうかも知れません。但し長い人生の中で、たった1度きりの高校留学であります。なのでビザを取得するのに、例え面倒さを感じていても、以降での自らの糧として、必ず繋がって行く為、この事を考えると、心理的な負担とはそれほど大きくないのだと言えます。

スポーツの技術力向上を目的とした高校留学

高校留学に挑戦する事で、滞在先の異国の風習や伝統的な文化を、直接体験する事が出来ます。
最近ではスポーツの技術力アップを目標として、高校留学を上手に活用する場合があります。練習へと真剣に打ち込んで行く事で、指導者やチームメイトが、一体どんな事を話しているのか、詳しく理解出来るようになる点も、高校留学が秘めている魅力的な利点の1つです。
例えば大人気の球技として、サッカーが挙げられます。サッカーとは団体競技である為、個人プレイは全く通用しません。各々のチームプレイヤーとの意思疏通が、正確に伝わって行かない事には、勝利を納める事は絶対に不可能です。
従って高校留学をやる前から、基礎的な日常会話は、しっかりとマスターしておく必要があります。海外へと高校留学する事により、これを超える高いリスニング能力などを、知らない間へと覚えて行くので、あまり心配する事などありません。現在成長過程の真っ只中にある生徒では、限界点が見えない為、予想以上のテクニック向上を持っています。
現状の高校生のケースだと、3年の間、一緒の指導者から技術に関して、アドバイスをみっちりと教わりながら、成長して行くのが殆どです。しかし外国へと滞在する事で、今までに全く知らなかったテクニックや、その国独自の優れた戦術を、きちんと習得する事が出来ます。

海外留学は若いうちからがオススメ

海外で学ぶのは早ければ早いほど、言語も覚えやすいし、文化も受け入れやすいので、私は是非若いうちに、高校生から留学するのをオススメします。大学受験を控えているから、高校留学はちょっと、、と考えてしまうかもしれませんが、高校留学したら大学もその国で卒業てもよいとも考えます。今の日本の大学のレベルは世界的に見ても高くはないので、異国の大学を卒業しても、十分に日本や世界で就職を見つけられれと思います。
また、明るい人でも暗い人でも、ネイティヴ並みに言語が話せなければ、必ず言語の壁や友人作りで落ち込んだりすることもあるでしょう。日本人同士でさえ、転校したばかりの時は緊張しますし、すぐには心を開ける友人なんてできません。ましてや、外国語を話す外国人として自分は行くのですから、もちろんさらに難しくなります。ですが、それを乗り越えられるのは、これから海外で生きていこうとか、夢ややりたい事がある人なのではないかと思います。必ず心を開ける友人ができる、拒否されたら次!気にしない!ぐらいの割り切った考えで行きましょう。
人生で最高の友人が見つけられるのは、高校や大学でだと私は経験上思います。そんな時に、高校留学で様々なバックグラウンドや文化がある外国人の友人が出来れば、必ずあなたの人生にも刺激や影響をもたらすのではないかと思います。

UPDATE CONTENTS

TOP