高校留学で滞在先の異国の風習や伝統的な文化を直接体験しよう!

SITEMAP

High school study abroad

高校留学の方法とはどういったものがあるのか

ペンを持っている学生

若いうちから海外に進出するとこのグローバル社会なにかと有利に働くと思います。そこで、高校留学という物を紹介したいと思います。
期間として、長期・短期があります。短期は長期休暇などを利用したプチ留学のことですね。長期の場合は「私費留学」と「交換留学」に分けられます。私費留学は、「私費」、つまり自腹を切って留学することです。利点としては、期間も場所も自分で選べることです。どこでどんなことを学ぶか、全て思いのままです。しかし、欠点としてはどうしてもお金がかかってしまいます。交換留学は、一年間ホームステイなどをしながら、海外の高校に通う制度です。学校などが提供するサービスですので、予算が抑えられます。しかし、あくまでパッケージングされたものなので、自由度は低めとなるでしょう。
国際体験がしたいなら、なにも海外に飛ぶのばかりがその選択ではないのです。番外編として、日本に存在する「インターナショナルスクール」へと進む、という手もあります。しかし、所詮国内留学ですので、「日本人化」した外国人との交流ではイマイチ効果が薄いかもしれませんね。
国際化と言われて久しい昨今、これからを担う若い人材には臆することなく外へと羽ばたいてほしいです。そして、それと同じくらい「内側」にも興味を持ってほしい。何故なら、外へと旅立つというのは、それと同時に「日本」のことを外に発信することになるのですから。

UPDATE CONTENTS

TOP